GoTheDistance!ジェニファーの法政大学通信ブログ

法政大学通信ブログ by ジェニファー。法政大学通信教育課程・経済学部商業学科に2015後期入学(3年次編入)。試験やリポート、学習の内容と進捗状況、日々の気付きなど。Go the Distance!最後までやり遂げよう!

広告

リポート返却【憲法】

憲法のリポート返却あり。

⇒返却されたのは、このリポート:リポートざっくり【憲法】

評価と判決文と大岡裁き

憲法は4単位科目なので、2設題。

それぞれの評価は、

  • 第1回設題: A
  • 第2回設題: A

よし!

添削してくださったのは土屋先生。講評には、

字数は適切である。テキストの内容・設題意図も理解されている。

〇〇〇の観点から、複数の判例とともに論述されており、評価できる。関係条文も示されており、評価できる。また、〇〇〇の観点からも論じられており、評価できる。

複数の文献を参照してリポートを作成している点は評価できる。記載方法も適切である。また、引用箇所も適切に記載されており、評価できる。(…さらにつづく)

とあり、判決文を読み上げられているような感じで、ちょっとどきどきした。

お白洲で大岡裁きを受ける下手人の気分を仮想体験する。

(※悪いことはしてないし、勉強しているのは現代日本憲法です)

推測するに、法学の世界では『公正さ』が重んじられるため、リポート講評においても、上記のように項目をひとつずつ検証し、根拠を明らかにした上で、評価が下されているのだと思う。

ともあれ、A評価でよかった!

テキスト+参考文献と格闘した甲斐があった。

(参考:リポートに使用した参考文献はこちらに記載しています⇒リポートざっくり【憲法】

あとは、単位修得試験の結果を待つのみ。やっぱり、お白洲の気分。。

リポートの適切な字数とは?

ところで、法政通信では、リポートの字数は、特に指定がない限り、2,000字程度とされている。

私の場合、リポートを書く時は、まずは思いの丈をぶわーっと5,000~6,000字くらい書いて、一晩置く。

翌日、正気を取り戻してから見直すと、無用のほとばしりが随所にあふれているので、推敲して、2,500字くらいを目標に、ぜい肉をそぎ落とす。

今回の憲法に関しては、内容的にダイエットが難しかったので、2設題とも約3,000字になってしまったけど、『字数は適切である』とのことだったので、3,000字くらいならOKなのかもしれない。

科目にもよるのだろうか?

(これまでのところ、字数多すぎ、という指摘は受けたことがない)

字数以前の諸問題

目下、悩ましいのは、メディスク2科目のリポート。

世界地誌(アジア)は、独自の指定書式で、4~6ページ(1ページに1,600字程度)とあったけど、文字数云々以前の段階で、悶絶中。

ビジネス英語Bは、"1200 words to 1500 words in English" 。

書けるのか?

いや、書いてみせる!

 

関連記事

リポートざっくり【憲法】

跳躍上告と世界地誌アジアとビジネス英語

他学科の申告制通教テキスト入手方法と定額小為替の謎

2017前期メディスク予備登録結果

 

広告