読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GoTheDistance!ジェニファーの法政大学通信ブログ

法政大学通信ブログ by ジェニファー。法政大学通信教育課程・経済学部商業学科に2015後期入学(3年次編入)。試験やリポート、学習の内容と進捗状況、日々の気付きなど。Go the Distance!最後までやり遂げよう!

広告

大人のかき氷

暑くなってきたので、かき氷が食べたくなった。

できれば、自分の好きなシロップと具を、好みの配合で自作したい。

かき氷器を探してみたら、最近はいろんな機能を打ち出した高級機種が出ているようだった。

↓たとえば、こんな。(参考価格:6,458円)

 

牛乳やシロップの味付き氷をふわふわに削って『台湾風かき氷』が作れる、というのにかなり魅かれたけれど、大人向けのお値段にたじろぐ。

結局、同じメーカーの一番安い手動式にした。上記機種とのお値段および見た目のあまりの落差に、ちょっと笑ってしまう。(参考価格:1,058円)

 

ガリガリ、ザクザクと氷を削るのは、すごく楽しくて、気分が上がった。

そして、究極の宇治金時が完成! 見た目、凡庸な気もするけど、まぁいい。

f:id:gothefulldistance:20160705232553j:plain

究極の宇治金時、おいし~!

とはいえ、食べ始めてすぐ、気づく。かき氷って、そんなにたくさん食べられるものじゃないな。なぜって、もう、大人だから。

脳天にキーンとくるのに大騒ぎしながら、お祭りの日に、真っ赤なシロップのかかった、山盛りのかき氷を食べた昭和の夏休みがなつかしい。

夏休みの宿題をギリギリになってからやる子どもだったので、かき氷の後の、ほろ苦い思い出もセットになっている。

結局、何十年経っても、人間性の根っこの部分は変わっていないということか?

広告

 

広告