GoTheDistance!ジェニファーの法政大学通信ブログ

法政大学通信ブログ by ジェニファー。法政大学通信教育課程・経済学部商業学科に2015後期入学(3年次編入)。試験やリポート、学習の内容と進捗状況、日々の気付きなど。Go the Distance!最後までやり遂げよう!

広告

振り返り【ビジネス英語A】(メディスク)

この1年で修得した科目をそれぞれ振り返って、記録しておこうと思う。まずは、2015年後期にメディアスクーリングで受講した『ビジネス英語A』。

講義内容

講義は、指定テキスト『ビジネスケースで学ぶグローバル人材の条件』に沿って、ビジネスケースを英語で学ぶ、という内容。インテル、コカ・コーラ、良品計画などの企業でのビジネスケースが出てくる。テキストの英語はそれほど難しくないので、内容そのものにすんなり入れた。

個人的には、シャネルとクリスチャン・ディオールを日本でブランド構築したKappeler氏のケースがいちばんおもしろかった。マーケティングの成功例として、セルライト用ジェルのはしり『スヴェルト』が登場した。日本での発売は1995年とあった。もう20年以上前になるのか。。

毎回の講義では、テキスト本文のリスニングをしつつ、都度、先生が日本語+テンション高めのわかりやすい英語で説明してくれるので、困難を感じることなく、受講をつづけた。

リポート・試験

が、リポートを英語で書く、というのがいきなりハードル高くて、うろたえた。辞書を引きまくって、何とかこなしたものの、日本語で読んだ参考文献の内容を英語にする際、『超訳』してしまった箇所もあったと思う。

中間リポート・リポート試験とも、出てきたケーススタディについて、ポイントを問われて、考察を加える、という内容だった。各ケースをもれなく記載しようとして、ケースごとに区切って書いたのだけど、もっと全体を総括した書き方をした方がよかったような気がする。

まとめ

評価は、中間リポート:A、リポート試験:Bだった。英語でリポートを書くのは大変だったけど、他にこういう機会はないので、やっておいてよかった。次期に、続きの『ビジネス英語B』も受講できればと思っている。

(テキストは『ビジネス英語A・B』共通。日本語解説あり。音声ファイル無料ダウンロードあり)

 

書籍情報

関連記事

リアルスクーリングなしで卒業なるか

振り返り【経済学特講】(メディスク)

振り返り【外国語経営学】

中高年英語に伸びしろはあるか?

 

こちらもどうぞ

※サブブログ(残念な英語学習記)です。

 

広告

 

広告