GoTheDistance!ジェニファーの法政大学通信ブログ

法政大学通信ブログ by ジェニファー。法政大学通信教育課程・経済学部商業学科に2015後期入学(3年次編入)。試験やリポート、学習の内容と進捗状況、日々の気付きなど。Go the Distance!最後までやり遂げよう!

広告

仏検の結果と乾いた愛

先月受けた仏検の結果判明。

3級、合格!

動詞の活用に気が遠くなりそうだったけど、がんばって勉強してよかった♡

詳細はこちら(語学用の別ブログです)

乾いた愛の行方

ところで、仏検対策の勉強をしていて思ったのだけど、フランス語の例文や問題って、英語のそれとは比べものにならないくらい、内容的におもしろいものが多い。

例えば、この問題集の長文問題に、「夫の才能を開花させたのはこの私よ」という自負を持った女性の回想が出てきた。

CD付 仏検3級スピード合格(新訂版)

CD付 仏検3級スピード合格(新訂版)

  • 作者: 富田正二,石上亜紀子
  • 出版社/メーカー: 三修社
  • 発売日: 2015/10/31
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

学生時代に未来の夫と出会い、彼の資質を見抜いた『私』は、

J’ai été le coup de baguette magique qui lui a donné confiance en lui. Je l'ai convaincu d'aller plus loin dans ses études, d'être plus ambitieux, de croite en lui.

(私は魔法の杖となって、彼に自信をもたせることができたのだ。私は彼を説得して、勉学においてはさらに向上させ、もっと野心をもたせ、自分を信頼させることができた。)

<『CD付 仏検3級スピード合格(新訂版)』p158>

このコーチング力、ただ者じゃない。。

そうして二人は結婚し、3人の子どもをもうけるのだけど、やがて、

Mon mari a fait carrière.  Il gagnait très bien sa vie.  Mais il était devenu un homme avec de telles responsabilités qu’il n’avait plus le temps pour rien.  Il ne sortait avec moi que pour raison professionnelle.  J’étais devenue une femme trophée qui accompagnait son mari de pays en pays.

(夫は出世した。収入もよかった。しかし、あまりにも責任の重い人物になっていたので、もはやつまらないことにさく時間はなくなっていた。私と外出するのは、仕事上の理由があるときだけになった。私はどの国へ行くにも夫に同伴するお飾りの女性になっていた。)

<『CD付 仏検3級スピード合格(新訂版)』p158>

。。と、乾いた余韻を残して終わる。

この夫婦、この後どうなるんだろう? すごく気になる。続きが読みたい。

時と法と

あと、個人的にツボにはまった例文。

◆子どものツッコミとママの言い分

Maman, tu es trop grosse!(ママ、太りすぎだよ!)

Mais avant, j'étais très mince, je ne pesais que quarante kilos.(でも以前はとてもやせていて、体重が40キロしかなかったのよ。)

<『CD付 仏検3級スピード合格(新訂版)』p37>

◆あの頃のオレたち

Vous vous souvenez de anées soixante-dix?(あなたは1970年代を覚えていますか?)

Oui, nous avions les cheveux très longs.(はい、私たちの髪の毛はとても長かった。)

<『CD付 仏検3級スピード合格(新訂版)』p42>

◆滑稽なセーター

Tu trouves que ce pull va à Henri?(あのセーターはアンリに似合うと思う?)

Non, il est ridicule avec ça.(いや、彼はあれを着ていると滑稽だよ。)

<『CD付 仏検3級スピード合格(新訂版)』p96>

。。等々、衝撃的な例文多し。

思うに、フランス語の基礎学習において重要な、時制と叙法(話し手のスタンスや確信度を表わす)を盛り込むと、おのずと物語性のあるものや、斬新な意見を表明する内容になるのかもしれない。

フランス語、かなり大変だけど、かなり楽しい。

わかってきたからおもしろい、というわけではなく、不思議すぎて目が離せない感じ。

せっかくなので、このまま勉強をつづけていく予定。

関連記事

広告

広告